過去に成功をもたらした考え方が、将来にも成功をもたらすとは限らない

アデランスにいた二十歳ぐらいの頃、
少ないボーナスで大枚はたいて買った東芝のワードプロセッサーRUPO。

商談の時まわりが白紙に筆談していた時代に、
信憑性が高くなるだろうとお客様にわかりやすい資料をつくったことが功を奏して
全国トップセールスまで登りつめた。

リフォームのチラシを作った時も、
2行の画面では紙面の構成がよくわからなくって
印刷するまで構成が確認できなくて苦労したのを覚えてる。

28年前リフォーム業界に破壊的イノベーションを起こし、
その後日本中に広まったメニューチラシはこの東芝RUPOからうまれてきた。

タイピング練習ソフト(フロッピーディスク)がついていて、
タッチ・タイピングが少しできるのもこの東芝RUPOのおかげだ。

この日本初の日本語ワードプロセッサーをつくったのは東芝だった。

ワードプロセッサーから時代はパソコンに移り変わり、
世界初のブック型パソコン「ダイナブック」も世に出した。

その東芝パソコン部門がシャープを再建した台湾・鴻海精密工業傘下に入るという。
日本の優秀だった企業がこのようにこれからも少しずつ台湾や中国の勢いある企業に飲み込まれていくのだろうか。

過去に成功をもたらした考え方が、将来にも成功をもたらすとは限らない。
常に危機感をもってイノベーションに取り組んでいこう。
でも早すぎてもダメなんだ。
業界の少し先を歩くぐらいがちょうど良い。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO31849690V10C18A6000000…

50267714_2149995198399313_1561592543378931712_n