TBS「所さんのニッポンの出番」にてOKUTAのPOWER NAPが放送されました!

LOHAS studioとは、「健康と持続可能性を重視するライフスタイルの仕事場(アトリエ・工房)」という意味なのです。 このコンセプトを標榜するOKUTAなのだから、世間様からなんと言われようとも 社員の健康と仕事の効率化のためPOWER NAP(お昼寝)を続けていきたい。 ◆速報◆4/21 TBS「所さんのニッポンの出番」にてOKUTAのパワーナップが放送されました!

OKUTAのPOWER NAP制度がTVで紹介されます

最近はすっかり「あーOKUTAさんね。あのお昼寝してる会社ね~」と言われることが多くなった。 お昼寝というより充電のためのPOWER NAPと言ってください。 ◆TV出演予告◆明日 4/21(火)夜7時 TBS「所さんのニッポンの出番」

OKUTAfamily春のフォーラム

QUARTERごとに開催されるOKUTAfamilyフォーラム♪ 春のフォーラムでは、昨年度部門別最優秀社員が仕事の取り組みと心構えなどをプレゼンテーションをしてくれた。 彼らのキャリアとスキルは何ものにも代え難い我が社の財産である。 最優秀MVPでありグランドマスターの称号もつ営業からは創業時の社訓を営業訓としていることを聞き胸が熱くなった。 この実学こそ未来への礎となろう。 奥田からは人口減少化社会と2020年以降の備えと心構えについて話をさせてもらった。 おやつも用意してね♪

3/26(木)JERCO事業者団体登録記念シンポジウム

  明日新宿にて、JERCO(リフォーム産業協会)国交省事業者団体登録記念の基調講演を行います。 リフォーム業界のレジェンドとして紹介されてるのですが、もう少しそれらしいプロフィール写真つかってもらえないものなのかね。一昨日この案内資料見せられてチョットだけムッとしました。(笑) 2020年後の未来がテーマになっているようですが、次の10%消費税と来るべき東京オリンピック好景気以後の大不況を鑑みれば、これから起こりうる未来をできる限り予測し、問題の音質を見極めたビジョンを描いた大戦略を練る必要があるでしょう。 「大きな戦争も疫病もない状態での人口減と、超高齢化社会というものは人類初め…

passivhaus大宮堀之内の完成引き渡し

3月7日は、passivhaus大宮堀之内の完成引き渡しがおこなわれ、OKUTAサスティナブル研究所技術顧問の西方里見先生よりウルトラ・ハイ・クオリティのpassiv design設計基準認定書一式が施主の桑村様へ贈られた。 このウルトラ・ハイ・クオリティ基準とは、ドイツパッシブハウス認定が取得出来るレベルを基準としており、セルロースファイバーによる充填断熱305㎜(UA値0.307W/㎡・k)の世界基準のエコハウスはその認定を申請する。 OKUTAサスティナブル研究所が取り決めたpassiv design設計基準は、トップランナー基準相当であるスタンダード・クオリティか、ハイ・クオリティ、ウ…

とても感動したお坊さんの法話

とても感動したお坊さんの法話

昨年行われたTED×Kyotoからとても感動したお坊さんの法話を紹介いたします。 宗教の本質、そして寛容性のある日本仏教の宗教観について語っています。 宗教だけでは無い、会社も同じであろうと思います。 様々な個性の人たちが集まる会社も、お互いを認め尊重し合い助け合うことが大切です。 ちなみに、温度と湿度によって美味しいと感じる食べ物も違ってくるようです。 つくづく日本人でよかったな~と感じさせてくださいます。 プレゼンターは、京都の大本山妙心寺退蔵院の松山大耕作副住職 お時間の許す方は、とてもありがたいお坊さんの法話とも言えるプレゼンをジックリ堪能してみてください。 ◆Reasons for …

おかげさまでOKUTAも創立24年となりました。

1月22日はOKUTAの創立記念日でございます。 おかげさまでOKUTAも創立24年となりました。 経営のケの字もしらず27歳で創業し、さまざまな困難もございましたが、今もなお成長させていただいているのも ひとえに顧客のみなさま・取引先のみなさま・社員のみなさんに支えられてこんにちがある故と深く感謝いたしております。 25坪のへき地な賃貸事務所から始まり、今はLOHAS studioはじめOKUTA本社もフサフサとした環境になっております。 (少しフサフサ持ってますが、笑) 奥田も五十の初老となりますれば、次の世代のことを気にしてなりません。 人間万事塞翁が馬という言葉がございます。 大なり小…

新年のご挨拶

今年も一致団結してイノベーションに取り組んでまいりたいと思います。 本年もよろしくお願い申し上げます。

「第2回 埼玉県環境住宅賞」 OKUTA 2年連続入賞!

OKUTAでは省エネなど断熱性能の高いリフォームをpassiv designとブランド化し先進的かつ精力的に進めてきました。 日本は世界第3位のエネルギー消費国でありながら、エネルギー自給率は5%程度しかありません。 エネルギーを極めて低く抑えることができるpassiv designは次世代の住宅を牽引していくこととでしょう。 ◆「第2回 埼玉県環境住宅賞」 OKUTA 2年連続入賞!今年は2作品

OKUTA 2014年度決算

2014年度決算が整い売上げ推移グラフが届いた。 第23期(2013年10月~2014年9月)売上6,027,813(前期対比 115%) 沢山の理解あるお客様や取引先そして誠実な社員のおかげさまで、昨年50億円を今年は60億円を超えた。 115%の伸び率となったのは、消費税増税の駆け込み需要が大きかったこともさることながら、Handymanや新築などの部署の健闘著しい。 ただし、2014年3月の上半期まではここ10年における営業利益率過去最高を記録していたが、消費税増税の反動減の影響が大きく下半期の受注は減収に屈した。 しかし人間万事塞翁が馬である。こういった時にこそ良いアイデアが湧き出るも…