ミッション・ステートメント

OKUTA Familyは、誠実なる社員と、理解ある顧客と、
健全なる取引先との最高の信頼関係を構築し、持続可能な経営をおこない、
地球環境の原則を尊重する事業を目指す!

誠実なる社員とは、専門知識、技術向上に常に精進し、顧客の倫理にたち、 約束された時間、品質、適正価格などをの事柄を守り、 真実を追求し、確かな情報を顧客に伝える伝道者のことです。

理解ある顧客とは、確かな情報を集め、真実を見極め、適切な判断ができる堅実な伝道者のことです。

健全なる取引先とは、心身ともにすこやかで、専門知識、技術向上に常に精進し、 顧客も倫理にたち物事を考え実行できる伝道者のことです。

最高の信頼関係とは、それぞれが互いに「一期一会」の気持ちと敬意をもって、 信頼し合う生涯関係のことです。

持続可能な経営とは、製品やサービスを適正な価格で提供し、顧客・社員・取引先の 潜在的欲求であるウォンツに応え、健全な収益を上げて、 地球社会へ還元し続ける経営のことです。

地球環境の原則とは、世界の森林、山、水をはじめとする繊細な生態系の安定と、 人類の活動が地球資源のキャパシティを越えてはいけないという根本的な原則のことです。

OKUTA Familyは、企画開発から販売、アフタサービスにいたるまでのすべての活動を、 地球環境の原則に従い、人類を含む生態系の調和の中で進化し成長することを事業使命とします。

 

2010年1月22日(創立19年記念日)
OKUTA Family取締役会 会長
Creator&C.E.O 奥田 勇

ミッション経営について

PHILOSOPHY02

ミッション経営とは、明文化されたミッション・ステートメント(企業使命の声明)を最上位とし、そして核として経営を行うことをいいます。
ミッション・ステートメントは、社会へのメッセージであり、OKUTA Family全社員の共通認識でもあります。
決して形骸的ではなく、全社員とともに OKUTA の社主である私も、このミッションに則らなければなりません。

ミッション・ステートメントは、OKUTA Family各社の存在意義の表明でもあります。
OKUTAの経営方針につきましても、このミッション・ステートメントに則っています。

理解ある顧客、誠実なる社員、健全なる取引先、この三者の関係を私たちはロイヤリティリレーションとよび、この三者の深い信頼関係の均衡が、
関わる人々を幸せに導くと私は信じています。

ミッション・ステートメントは、今回の改正で3度目となっています。
最初のOKUTA Familyミッション・ステートメントは、2003年6月に発表し、その全文が完成するまでに実に11年の歳月がかかりました。
27歳で創業した私は、企業の社会的意義や社会的責任など、学ぶことを怠っていたように思えます。
これは企業の経営者として実に体たらくであったと深く反省しております。

2005年春に検挙された悪徳リフォーム詐欺事件や、耐震偽装問題などにより、建築リフォーム業界のイメージダウンは計り知れないものが
ありました。しかしながら、私の知る限り建築に携わる多くの人々は、建築の仕事に誇りを持ち、誠意をもって日々取り組んでおります。

建築リフォーム業界は、日本建築の伝統を受け継ぎながら、日々技術革新が行われている実にダイナミックな業界です。

OKUTA Familyミッション・ステートメントにある、顧客と社員と取引先との三位一体の信頼関係と地球環境の原則を尊重する家づくりこそが、
OKUTAが考える楽しく幸せなLOHASな家づくりです。

持続可能な地球社会と、健全で透明性のある建築リフォーム業界になることを願って・・・

2010年1月22日

2014プレゼン3